疲れの溜まりにくい夏を過ごす方法

疲れの溜まりにくい夏を過ごす方法

疲れた体は美容にも悪影響を与えます。夏を本格的に迎えるようになると疲れが溜まりやすくなります。夏は冬に比べてエネルギー消費量が少ないと言われていますが、疲れやすいのは夏ですよね。エネルギー消費量が少ないにもかかわらずなぜ夏のほうが疲れやすいのでしょうか。その理由は太陽の光にあります。紫外線の強い夏は体が浴びる紫外線の量が冬の倍以上とも言われています。紫外線は体の中に活性酸素を作り出し、その活性酸素が疲労物質を作り出してしまいます。紫外線は目からも入り込み、体の中で活性酸素を作り出しているから、日焼止め、日傘といった定番の紫外線対策だけでは疲れやすい状態を解消することはできません。目の紫外線対策も必要になります。また夏は冬に比べると日照時間が長くなるためより疲れやすい状況となっています。出来るだけ日差しを浴びないようにして生活を送っていくことで疲労しにくい生活を送れるようになります。太陽の日差しを浴びることは健康には欠かすことができません。しかし浴びすぎてしまうと疲れやすくなり肌も老化しやすくなります。夏は海水浴等で紫外線の強い場所に行くことも多くなるため紫外線対策を怠らないようにすることが肝心です。疲れが溜まっていると感じた時には、休みの過ごし方を変えて太陽の光から身を守るような1日を送ってみるといいかもしれません。紫外線による活性酸素の影響は目には見えないため、知識として理解して対策を行なっていくといいですよ。人の体が老化してしまう原因はいくつかありますが、一番に気をつけたいのが活性酸素です。活性酸素は免疫機能として働いているため生きていくためには不可欠な存在ですが、大量の発生してしまうと体の細胞も攻撃してしまい、細胞を傷めつけていくことになります。これが体の老化につながっていき、活性酸素の発生量によって老化のスピードも変わってくるということになります。活性酸素は若いうちには酵素によって分解されていきますが、年齢を重ねると酵素が少なくなっていき活性酸素を処理できなくなっていき、老化速度が早まっていくわけです。若さを保つためには一生涯のうちにどれだけ活性酸素を抑えることができたかに左右されます。この活性酸素の働きを抑えるのにオススメの食べ物が梅干しです。梅干しにはフラボノイドが含まれているため活性酸素の働きを抑える力があります。活性酸素は様々な原因で発生しますが、ストレスや食生活によって作られる量が変わります。また夏になると紫外線が強くなるため肌の中の活性酸素の量が増加してコラーゲンを破壊してしまいます。活性酸素の量が多くなる夏には梅干しを食べていくことで肌の老化を防ぐことができます。大量の梅干しを食べる必要はありません。毎日1個食べていく習慣を付けるだけでも十分な効果が期待できます。朝食に取り入れて行くと脂肪の代謝もよくなりダイエット効果のアップも期待できるため、ダイエットを意識している人も朝の梅干しを習慣にしてみるといいですよ。岩槻 美容院