セロトニンを増やす簡単な方法

セロトニンを増やす簡単な方法

ダイエットとストレスには大きな関係があります。ストレスを感じていると人間の血管は収縮し血行が悪くなります。血行が悪くなると代謝は低下し痩せにくい体になってしまいます。ストレスは生活をする中では必要な要素ですが、長時間ストレスを感じている状態になってしまうと慢性的に代謝の低下した状態となり痩せにくい体になってしまうということです。ダイエットを始めるならストレスを感じていないタイミングに運動をしたり食事制限をしたりする事が大事です。ストレスを感じやすい体質で中々ダイエットに成功出来ないといった悩みを感じている人はセロトニンを増やすようにしてみましょう。セロトニンはストレスを解消してくれる物質で、十分に分泌されている状態ならダイエットも簡単に成功出来るようになります。セロトニンの増やし方はいくつか方法があります。たとえばリズムに合わせて運動をすることです。ダンス等がリズムに合わせて体を動かす代表的な運動になりますが、別に音楽に合わせて体を動かす必要はありません。ウォーキングをしている人は多いと思いますが、歩くスピードや動きをリズムに合わせて行なっていくとそれだけでもセロトニンが分泌されて痩せやすくなります。運動で痩せようとしている人は出来るだけリズムに合わせて体を動かすようにしてみるといいでしょう。最も簡単な方法としては朝起きたら太陽の光を浴びると言うことです。太陽の光を浴びると体内時計が活動を始め体を活発に動かすセロトニンが分泌されていくようになります。外に出ない日でも朝の日光浴は重要ですよ。半身浴は入浴法としては一般的になってきています。美容や健康に良いと言われている半身浴は何故効果的なのでしょうか。半身浴は胸のした当たりまでお湯を入れて肩は出しながら入る方法です。心臓までお湯に入らないことで水圧の影響が小さくなり、体の弱い人でも負担のかからない入浴方法になります。健康的な人があえてやる必要のない入浴方法ですが、健康的な人も美容に効果があると言うことで実践している人も多いようです。半身浴は少し長めのお風呂に入りたいと言う人に向いている入浴方法です。本来の入浴では15分程度で上がるのが理想的と言われていますが、半身浴なら30分以上入浴している事ができます。ストレスを解消するために38度程度のお風呂にゆっくりと入る事が大事で、リラックス状態を作り出し血行が良くなって、肌に必要な酸素や栄養も送られやすくなります。体をじっくり温めるためにはお風呂に長く入る必要があり、冷え症の人は特にゆっくりと体を温める必要があります。全身浴では体に負担がかかりますが半身浴なら負担も少なく長風呂に適しているというわけです。肩がお湯に入らないということで肩が冷えやすくなりますが、そんな時にはお風呂の蓋を利用してサウナのような状態を作り出してあげると温まります。タオルで肩を冷やさないようにするのも効果的です。半身浴で美容に良い効果を得たいなら、少し長めにお風呂に入ることを心掛けてみると体全体が温まり綺麗になりますよ。新小岩 美容院