日焼け止めによる乾燥問題解決方法

日焼け止めによる乾燥問題解決方法

日焼け止めを使うときに心配となることの一つに肌の乾燥があります。効果の高い日焼け止めほど肌を乾燥させやすいといわれているため、紫外線対策をするときに十分な日焼け止めを使えなかったり、紫外線の強い日にも関わらず効果の低いものを選んでしまい結局肌が焼けてしまうなんてこともあります。日焼け止めと肌の乾燥について理解を深めておくようにしましょう。日焼け止めは紫外線吸収剤、紫外線散乱剤という二つの方法で紫外線予防を行っています。吸収剤は効果の高い日焼け止めに使われることが多く、紫外線を熱エネルギーに変換することで肌への影響を防ぐ働きを持っています。散乱剤は紫外線を反射させて肌を守ります。こちらは効果の低いものに使われることが多いです。乾燥の悩みはどちらかというと散乱剤のほうが多いようです。吸収剤のほうが肌にかかる負担は大きいといわれていますが、乾燥に関しては散乱剤による悩みのほうが多いため、必ずしも効果の低い日焼け止めが肌に優しいとは言えないわけです。日焼け止めによる乾燥の問題の中で一番見落としやすいのは自分の肌がすでに乾燥しやすい状態になっているかどうかです。もともと乾燥肌で悩んでいる人なら日焼け止めでさらに乾燥が進みます。日によって肌質が乾燥しやすくなるときもあるため肌の乾燥がすべて日焼け止めのせいとは言えないわけです。日焼け止めによる乾燥を心配している人はまず自分の肌が乾燥していないかどうか、しっかりと保湿をしてから使っているかどうかを確認してみるといいですよ。冬の紫外線は夏の紫外線以上い悪影響を与えることがあります。スキーなどで雪山に行くと標高の高さと雪による紫外線の反射で肌が傷つけられてしまいます。夏に比べて肌自体が紫外線に対して弱くなっているためその影響も強くなってしまうのです。そのため日焼け止めが必要になってきます。冬に日焼け止めを使うという習慣のない人は紫外線の影響を軽視してしまいがちです。冬に降り注いでいる紫外線の多くは紫外線A波(UVA)でその影響は肌の内部に浸透しタンパク質を破壊してしまうことにあります。活性酸素を発生させ肌の主なタンパク質であるコラーゲンを変質させて、コラーゲンによる弾力や潤いといった効果を奪ってしまいます。肌表面に影響が出るのではなく内部で影響が出ているため自分では気が付きにくいというのもUVAの怖いところです。内部の影響は蓄積していき、年を重ねたときに蓄積されたダメージが現れるようになり、それが肌の老化として実感できるようになっていくのです。夏は日焼け止めを使って紫外線対策をしていても冬の紫外線の影響が蓄積されて行ってしまうと結局肌にはシミやシワ、たるみといった症状が出始めてどんどんと年老いていくわけです。冬の紫外線対策は将来の肌のために必要なことになります。今エイジングケアを念入りに行っている人は将来のことも考えたケアのために冬でも紫外線対策を忘れないようにしましょう。油断は必ず将来の老化につながっていくため、実感できなくとも紫外線対策が必要なのです。美容室 池袋東口 美容院 カット カラー 口コミ 人気 予約