ファンデーションのノリが劇的に変わる!お肌を綺麗に見せるファンデーションの塗り方のコツ

ファンデーションのノリが劇的に変わる!お肌を綺麗に見せるファンデーションの塗り方のコツ

30代にもなってくると、ファンデーションののりが20代の頃と全然違う!ということにお悩みの女性も多いでしょう。

 

ファンデーションののりは、普段のスキンケアによっても改善していくことができます。
お肌を綺麗に見せるためにも、日頃のスキンケアが大切です。
ここでは、ファンデーションのつきがよくなるようなスキンケアや、ファンデーションの塗り方についてご紹介していきます。
最近ファンデーションののりが悪くなってきたなぁと感じている人は、是非ご参考にしてみてください。

 

○血行を改善するためにマッサージする

 

たるみシミは、マッサージすることによって解消されていくことがあります。
マッサージクリームを使って、お顔全体を優しくなでるようにマッサージしていきましょう。
ただし目の周辺は皮膚が薄いため、弱い力で特に優しくマッサージしていきます。

 

○ファンデーションは薄めにつける

 

肌トラブルを隠すためにも、ファンデーションをたくさんつけてカバーしたくなりますが、30代女子だからこそ、ファンデーションの厚塗りはやめておいた方がいいです。厚くすればするほど肌のツヤ感は奪われてしまう上、化粧崩れもしやすくなってしまうからです。
薄くつけるように心がけましょう。

 

○クリームファンデーションを使っている人へのアドバイス

 

クリームファンデーションは、テクスチャーがかためなのが特徴です。保湿力やカバー力は高いのが魅力です。

 

油分も適度に含まれているため、お肌が乾燥しやすい人にもぴったり。ただし付け過ぎると厚塗り感が出てしまうため、少し物足りないと思うくらいがちょうどいいでしょう。

 

最近、ノーファンデにする女性が増えてきています。
メリットは一つだけではなくいくつかありますが、その中でも代表的なのが、お肌への負担が少なくなることです。

 

化粧品には、お肌に刺激を与えるような成分が含まれている事があります。

 

そのため、ファンデーションを長時間つけることも、お肌にとってはストレスになってしまうのです。

 

お肌への刺激や負担を少しでも減らすには、ノーファンデにするというのも方法の一つ。
といっても、ノーファンデだと、お肌のムラや肌トラブルが隠せなくて無理…と考える人も多いでしょう。

 

そのような方は、ピンポイントでファンデーションを塗るのがおすすめです。
頬全体、額全体のファンデーションを塗るのではなく、本当に必要な部分にだけ、指先で軽くつけていきます。

 

それだけでも、肌トラブルやくすみが解消できるでしょう。

 

○日焼け止めは必須

 

ノーファンデでも、外に出る用事があれば、日焼け止めくらいはした方がいいでしょう。
日焼けどめで肌荒れがなど異常がなければ、日焼け止めの上からチークを塗るのも効果的です。

 

日焼け止めはファンデーションの効果はないため、カバーはしてくれませんが、透明感や素肌感が出るため、日焼け止めをつけているだけでも、十分お化粧しているかのように見える人もいます。特に、元々お肌が美しい人は、日焼け止めだけでも十分な人も多いです。

 

 

○モテたいならノーファンデの時代?
素肌感のあるメイクを好む男性も最近は多いため、日焼け止めだけしか塗ってなく、ファンデーションで隠そうとしていないところに好感を持ってくれる男性も多いです。

 

スタイリスト 行徳 子育て 求人