誰が見るホームページなのか

誰が見るホームページなのか

美容室のホームページを見る人にとってそのホームページを観なければならない目的があるのと同じように、美容室の方にもそのホームページを開設しておく目的があるはずなんですね。それはおそらく「そのホームページを見てその閲覧した人に実際にお店へ足を運んでもらう」と言う事だと思います。ではその「お店に来てもらいたい人」というのはどんな人なのか、という事を考える必要があると思います。なぜならその「お店に来てほしい人」に対してホームページを見てもらえば良いからです。たとえばですが男性専用の美容室に来てほしいのは、当然男性のお客さんです。ですから女性の方がいくらホームページを見た所で、その人がお店に来てくれる可能性はほとんどない訳です。もしかしらた間接的にほかの男性に情報を伝えてくれる可能性もあるかもしれませんが、その割合は低いでしょう。ですからそういう場合には女性の方がホームページを見てどんなに興味を持ってくれたとしても、あまり意味が無いわけです。つまりホームページと言うのは「どんな人に見てもらいたいか」と言う事を考えてデザインされるべきなんですね。年配の人をターゲットにしている美容室なら、年配の人がそのホームページを見た時に、読みやすく使いやすいホームページにしておく必要があります。女性が「素敵だと思う職業」の中には必ず「美容師」が入っていると言われています。ですからそんな美容師さんにちょっとチョコレートをあげたい!と思う女性は多いと思います。そして実際にその時期に美容室に行く場合には、チョコレートを持って行く、という女性もいるものです。ですから案外美容師さんの方でもその時期にチョコを貰う、という事にかんしては、あまり深く考えていない美容師さんもいるかもしれませんね。お店全体でも若い男性美容師が多い、という場合には、美容室内でもちょっとしたイベント的な感覚になっているかもしれません。そういうお店だと、女性の方もチョコを渡すハードルが低くて良いかもしれませんね。こちらとしてはほんの気持ちなんだけど、やはりバレンタインだから何か贈り物をしたい、というイベントを楽しむ感覚、というのは女性の方にもありますからね。実際カリスマと呼ばれるような人気の美容師だと、その時期にはたくさんプレゼントをもらう様です。最近では、その様子をSNSにアップして、みんなにお礼のメッセージを伝える美容師もいるようですしね。中には本気で気持ちを伝えたい、という女性もいるかもしれませんが、そういう女性だと、閉店後までまって渡したりとか、他の人とは違うものをプレゼントしたり、という事もあるようです。小岩 美容院